遺産相続に関する法律知識と手続き

遺産相続に関する法律知識と手続きについて、司法書士が分かり易くご案内致します

遺産相続、成年後見等の基礎知識

相続放棄の手続きの流れ

相続放棄の手続きの流れの画像
家庭裁判所に対して行う相続放棄手続きの一般的な流れは以下の通りです。 相続財産の調査 相続放棄をする事にメリットがあるかを判断するために、相続財産の調査を行いましょう。借金等の負債がどれだけあるか、不動産や預貯金、有価証券等のプラスの財産がいくらあるのかを調査する事が重要です。 財産調査に時間がかかる場合 相続放棄が出来る期間は、原則として、自身のために相続の開始したことを知った時から3ヶ月以内です。 この期間を熟慮期間と呼びます。 相続...

相続放棄の注意点

相続放棄の注意点の画像
相続放棄は、重要な権利の得喪にかかわり、経済的に大きな影響を及ぼす極めて大きなお手続きです。また、お手続きには期間制限もありますので、迅速・正確な調査と判断が必要です。以下に相続放棄を決断するにあたり注意すべき点を列挙致しましたのでご確認下さい。 財産調査 基本的には、プラスの財産がマイナスの財産を上回っているのであれば、相続放棄を選択される事はあまりないでしょう。逆に、マイナスの財産がプラスの財産を上回るのであれば、相続放棄を検討された方が...

遺産分割協議とその流れ

遺産分割協議とその流れの画像
相続財産につき、誰が、何を、どれだけ遺産相続するのか。法定相続人全員の話し合いにより定める事を遺産分割協議と言います。 遺産分割協議の流れ 1. 相続人の調査 戸籍の収集により、遺産分割の当事者となる、相続人を特定致します。 2. 相続財産の調査 通帳や証券、被相続人宛の郵便等から、具体的に相続財産を特定。 遺産分割協議の対象財産を調査します。 3. 遺産分割協議 相続財産の分際につき、相続人全員で合意をします。 4. 遺産分割協議書...

遺留分・遺留分減殺とは

遺留分・遺留分減殺とはの画像
遺留分とは 被相続人の兄弟姉妹を除いた、※推定相続人に認められている、最低限度の相続分を指します。 被相続人は、生前又は遺言にて、財産を処分する事が可能です。 しかし、一部の相続人や第三者に財産の全てを承継させていたような場合、財産を承継できない相続人にとっては酷な場合がございます。 そのため、民法では遺留分が認められております。 ※推定相続人とは、現状で相続が開始すれば、相続人となる者を指します。 遺留分の割合 直系尊属(父、母、祖母、祖...

遺言書がある方の一般的な相続発生後の手続きの流れ

遺言書がある方の一般的な相続発生後の手続きの流れの画像
1.遺言書の検認(公正諸所遺言の場合は不要) 相続発生後、遅滞なく、家庭裁判所にて遺言書の検認手続きをします。 注意点 検認前に遺言書を開封した場合や、検認手続きを経ないで遺言執行した場合には、5万円以下の過料に処せられます。 検認のお手続きを経ない場合、登記のお手続きが出来ません。また、原則として、金融機関での口座凍結の解除も出来ません。 検認のお手続きは、一か月以上かかる事がございます。 遺言書は1通のみでしょうか。 複数ある場合に...

遺言書の種類と特徴

遺言書の種類と特徴の画像
遺言書には、幾つか種類がございます。 ここでは、特殊な種類の遺言書を除いた、三種類について比較し、それぞれの優れた点、劣る点をご紹介致します。 公正証書遺言 公証役場にて、証人2名立会いの下、遺言者が遺言内容を口述する事により作成する方法です。 公証役場にお支払する手数料がかかりますが、遺産を巡る争いのリスクがある場合には、必ずこの方法による事をおすすめ致します。 なお、別途費用を支払う事で、公証人に出張して頂く事も可能です。 優れた点 ...

遺言書作成から執行までの流れ

遺言書作成から執行までの流れの画像
1. 遺言書作成 2. 遺言書の保管 見つかりやすい場所に保管してしまうと、偽造、変造、破棄、隠匿の発生、又はその疑いが生じる可能性がございますので、避けた方が良いでしょう。 ただ、かといって、いざ、遺言書が発見されないと、意味がなくなってしまう上、後にトラブルとなる可能性もございます。 従って、ご自身で遺言書を保管される場合は、信頼できる方に、保管場所を伝えておくと良いでしょう。 但し、信頼できる方といっても、推定相続人や受遺者等の、利害...

遺産相続対策としての生命保険活用

遺産相続対策としての生命保険活用の画像
1.葬儀費用や、被相続人の生前の医療費等として 相続の発生は、葬儀費用や納税等、様々な出費を伴います。 金融機関は、死亡の届出や、その他なんらかの事情により、相続の発生を知ると、被相続人の預貯金口座を凍結してしまいます。 凍結された預貯金口座の、凍結解除には、相続人全員の同意が必要となるため、相続財産である現金を払い戻すには相当程度の時間がかかります。 この点、生命保険であれば、迅速に、まとまったお金が支払われますので、葬儀費用や、被相続人の...

相続財産・遺産調査の必要性

相続財産・遺産調査の必要性の画像
遺言書を作成するにしても、相続発生後のお手続きをするにしても、財産・遺産の調査が極めて重要です。 調査が不十分で、財産・遺産の把握が不十分だと、後にトラブルを引き起こす可能性があるからです。 相続放棄が出来なくなる可能性 一般的に、借金等の債務の額が多額の場合、相続放棄を検討するべきなのですが、これは、遺産の全容を把握していることが前提です。 借金はないと思い込み遺産を相続をして、売却したり、使ってしまったりしていたところ、後になって多額...

法定相続と法定相続人

法定相続と法定相続人の画像
相続できる人は、法律で決まっている 相続できる人は、法律で定められています。 この、法律で定められた相続人を法定相続人と呼びます。 法定相続人には優先順位があり、先順位の者がいない場合に、次順位の者が相続人となります。 ※配偶者は常に法定相続人となります。 優先順位は次の通りです。 第一順位 子、孫、曾孫(直系卑属) 第二順位 父母、祖父母(直系尊属) 第三順位 兄弟姉妹、兄弟姉妹の子 同一順位者間では、被相続人に、より近い血縁のものが...