遺言、遺産相続は、世田谷区用賀の司法書士事務所クラフトライフ

無料相談受付中
03-6411-7103
お問い合わせ

熱中症

東京都世田谷区の遺言・相続の専門家、司法書士事務所クラフトライフのスタッフ、臼井と申します。

また今年も暑くなりました。 今回は熱中症対策を考えてみましょう。

熱中症とは

高温多湿な環境の中で、私たちの身体が適応しきれずに発生する様々な症状をまとめて熱中症と呼んでいます。 そして熱中症患者の過半数が65歳以上の高齢者と言われています。

主な症状

立ちくらみ、顔のほてり、こむら返り、だるさ、吐き気、頭痛、普段とは違う汗のかきかた、体温の上昇等

対策

・ まずは健康な身体を作ることが重要です。 そのためには日常的に適度な運動を行い、正しい食生活と十分な睡眠をとるようにしましょう。

・ 特に高齢者の場合、体温の調節機能の低下のために循環器系への負担が大きくなっているにもかかわらず、のどの渇きを感じにくくなっている場合が多いですので、例えば水分を補給する量と時間をあらかじめ定めておくというのも有効だと思います。

・ また、気温を体感に頼らずに目で確認できるように居住空間に温度計を設置し、気温に合わせたエアコンや扇風機などの利用により、快適に過ごせるようにすることも重要です。

・ あとは身体を暑さに慣らすため、一日一度は散歩に出るなどして、無理のない範囲での運動を心掛けるようにしましょう。

外出時における対策

なるべく直射日光に当たらないように日陰を歩いたり、日傘や日よけの帽子を着用しましょう。 定期的な水分の補給も忘れないように注意しましょう。

また、具合が悪くなったら我慢せずに、周りに助けを求めるようにしましょう。

就寝時における対策

寝汗をかくこと等で水分が失われていますので、ここでも定期的に水分を補給するために枕元に飲み物を置いておくようにしましょう。 寝不足による体力の低下が熱中症の原因となりますので、快適な睡眠のためにエアコンや扇風機などを効率的に利用するようにしましょう。

熱中症の応急処置

①直射日光を避けるために日陰に移動する、②身体を冷やすためにエアコンの効いた車内や室内へ移動する、③身体からの放熱のために衣服を脱がせる、④脱水症状の緩和のために水分と塩分を摂取させる、といったことが挙げられます。

熱中症は自覚しないうちに発症する恐れがありますので、ご自身のみならず周りの方も気を配るようにして、皆で防ぐようにしましょう。

生前対策、遺言、相続、相続放棄、成年後見は、東京 世田谷区用賀の司法書士事務所クラフトライフで無料相談!

世田谷区用賀の司法書士にお問い合わせ