被害者請求・加害者請求とは

無料相談受付中
03-6411-7103
お問い合わせ

被害者請求・加害者請求とは

自賠責保険の請求業務には被害者請求と加害者請求の2種類があります。
ここでの加害者、被害者とは、事故の過失割合ではなく、ケガをさせた方が加害者、ケガを負った方が被害者となります。

それではこの二つの請求にはどのような違いがあるのでしょうか?
ここでは被害者請求、加害者請求について詳しくご説明いたします。
 

加害者請求

自賠責保険の加害者請求では、事故を起こした加害者側が賠償金を被害者へと支払い、その支払った領収書や必要書類をもとに、自賠責保険会社へと請求を行います。

加害者が任意保険に入っていた場合には、任意保険会社から被害者へ賠償金を支払い後に、任意保険会社の方から自賠責保険へ充当分の金額を請求するケースもあります。

この場合には「事前認定」といって、後遺障害等級認定が任意の保険会社で行われるケースがほとんどです。
 

被害者請求

被害者請求では、加害者側の自賠責保険会社へ、直接請求を行うことができます。

自賠責保険は被害者のため保険ですから、不当な要求から被害者が守られるよう、このような被害者請求という制度が設けられています。

被害者請求では用意する書類が多くありますので、手続きが煩わしい部分もあります。
加害者請求では相手の保険会社が医師の診断書などを用意しますが、被害者請求では自分でそろえる必要があり、費用がかかる場合もあります。

しかし、加害者が支払いを行わない、後遺障害等級認定を適切に受けたい、といった場合には、被害者請求を考えると良いでしょう。
手間や費用をかけても、その分だけ有利な認定を受けられるケースがあるからです。

特にきちんとした後遺障害認定を受けたい場合には、私ども専門家へご相談いただくことで、書類の作成だけでなく、ケースに合わせ最善のアドバイスが行えますからなんでもお問い合わせください。

また、加害者側が行う事前認定の場合では、任意保険会社との示談が終わってからでしか保険金を受け取ることができません。
しかし、被害者請求を行い後遺障害等級が認定されることによって、自賠責保険の範囲である保険金はすぐに受け取ることができるのも大きなメリットです。

大きなケガでは入院費や通院費、休業で家計が圧迫されることもしばしばですが、このように被害者請求を行うことによって、負担を減らすことができます。

面倒そうだから、と諦めることなく、不服がある場合には被害者請求を積極的に考えることで、後々の安心を受け取ることができるでしょう。

 

世田谷区用賀の司法書士にお問い合わせ