再婚、熟年・シニア結婚サポート

無料相談受付中
03-6411-7103
お問い合わせ

再婚、熟年・シニア結婚サポート

熟年離婚の増加の影響もあり、熟年結婚・シニア結婚をされる方が増えております。

年齢に関わらず、恋愛して、結婚して、新たな人生をスタートする。とても素敵な事です。

しかし、熟年・シニアの方の結婚、再婚には、ご注意頂くべき問題点がございます。

結婚相談所は、結婚相談のプロですが、法律のプロではありません。

そのため、法的問題への理解と対処については、正確な対応が困難であり、そもそも問題意識に欠ける事がございます。

そこで弊所では、熟年・シニア結婚、再婚に当たり問題となる事項を法的に解決するお手伝いを行っております。

熟年・シニアの方の結婚の法的問題は予め対処できる

では、そもそも問題となる事とは何なのか。確認致しましょう。

一点、読み進めるに当たり、ご留意頂きたい事がございます。

それは、下記に記載する様々な問題点は、予め対処をしておく事が可能であるという事です。

ご結婚され、幸せを掴もうとする皆様にとっての障害となる事ではないのです。

この事をご留意頂いた上で、問題点をご確認頂ければと存じます。

熟年結婚・再婚で問題となる事

相続分の問題

新たにご結婚されることにより、ご結婚される当事者は相互に相続人となります。

その相続分は、ご家族の構成により異なりますが、いずれにしても、お子様やご兄弟の相続分は、ご結婚される事によって大幅に減る事となります。

そのため、相続発生後にトラブルが生じたり、そもそも結婚に反対される事がございます。

連れ子の法的地位の問題

結婚される方の一方にお子様がいらっしゃる場合、その子は、ご結婚後も、パートナーとの法的な親子関係は生じません。

そのため、氏名、扶養、相続、親権等の問題が生じます。

離婚による財産分与等の問題

これから結婚しようという時に、離婚の事を考えるのは強い抵抗を感じるかと思います。

こうして説明する私としても、とても不謹慎な事を言っているようで、申し訳ない気持ちを極めて強く感じます。

しかし、離婚の際には、親権、財産等を巡り骨肉の争いとなる事は珍しくないのが現実です。

一方と法的な親子関係のない連れ子がいる場合や、ご兄弟が相続人となるような場合には、離婚による財産分与が自身の相続分の減少へと繋がりますから、問題がより一層こじれる事が想定されます。

再婚、熟年・シニア結婚のトラブル対処

トラブルは、ご家族等に降りかかる

これから結婚しようと気持ちを新たにしている方に、上記の様な問題点を指摘する事は、その気を削いでしまう様で、大変申し訳なく思います。

しかし、列挙致しました問題は、ご結婚されるご自身だけに降りかかるトラブルではございません。

むしろご家族等、大切な方々に降りかかるトラブルなのです。

ですから、後に生じる可能性のあるトラブルについて知る事はとても重要な事なのです。

そして、冒頭でも申し上げた通り、可能性のあるトラブルは未然に対処出来ます。

ご結婚し、幸せを掴むための障害ではないのです。

愛し合っているからこそ、離婚と向き合える

離婚についての対処を検討される事は、列挙した中でも特に抵抗があるかと思います。

考えること自体が不謹慎、悪である。このように思われるでしょう。

離婚すると思って結婚される事はいらっしゃらないでしょうし、日本の文化として、このように思う事は自然な事です。

しかし、数年後、十数年後、人生はどうなるか分からない。未来は誰にも分からないのです。

そうだとすれば、婚姻の際に、いつか起きてしまうかもしれない事態に備える事は、互いの愛情の表れではないでしょうか。

離婚の際に深刻な争いになる根本の原因は、かつての愛情が失われ、恨み辛みといった負の感情が先行する事にあります。

そうなると、最早互いに向き合い、相手の人生に配慮する事は困難です。

愛し合っている現在だからこそ、いつかの未来に生じるかもしれない事態に向き合う事が出来るのです。

対処方法

ご相談の上、財産の行方と、離婚時のルールを予め定めます。

ご結婚前の相談が必要

想定可能なトラブルに対処するにはご結婚前に、ご相談頂く事が必要です。

しかし、既にご結婚されている場合であっても、対処が出来ないわけではございませんので、ご相談頂ければと思います。

料金について

料金につきましては、事案により幅がございますので、まずはご相談ください。

お話をお伺いした上で、個別に御見積を提示させて頂きます。

なお、初回の法律相談は無料です。(1時間まで)

世田谷区用賀の司法書士にお問い合わせ