交通事故の後遺症認定とは?

無料相談受付中
03-6411-7103
お問い合わせ

交通事故の後遺症認定とは?

ここでは、交通事故の後遺症認定について詳しくご説明していきましょう。

後遺症と後遺障害認定

まず後遺症という言葉ですが、怪我が治癒しているにもかかわらず、体に障害が残ってしまっている状態を指します。

また、交通事故による後遺症であることが医学的に示されることで、後遺障害認定の対象となります。

交通事故での後遺障害では、このように明らかに自覚できる後遺症があったとしても、交通事故の被害者として賠償金や慰謝料を請求するために、自賠責保険で定められている後遺障害等級認定を受けなくてはいけません。

この認定を受けないままですと、後遺症が残ったままの状態で、その後の生活を送らなければならなくなってしまいます。

詳しいことが分からないからと認定を受けず泣き寝入りといったことにならないためにも、症状に合った後遺障害認定を受ける必要があります。

後遺障害の等級とは?

後遺障害等級には1級から14級までがあり、どの等級で認定を受けるかによって受け取ることのできる賠償金や慰謝料が大きく変わります。
ですから交通事故では、この等級が適正であるかどうかがとても重要な事項となるのです。

この認定ですが、口頭や実際に症状を見せて認定を受ける訳ではありません。
医師が作成した症状の所見や検査の結果などを元に、書類のみで等級の認定が行われます。

そのため、書類に不備があったり、症状を訴えていたにもかかわらず書かれていない事項があったりした場合には、実際の症状よりも低い等級で認定が行われてしまうこととなります。
そうならないために、私ども専門家は過去の事例などを参考にし、適正な認定が受けられるよう全力でサポートしています。

認定には何が必要?

後遺障害認定のためには、事故時の状況や、これまでにどのような治療が行われてきたかなどをお伝えください。
この時ですが、できるだけ早くご相談いただくことが、適正な認定を受けるためのカギとなります。

なぜなら、後遺障害等級認定を受けるためには症状固定と呼ばれる状態になるまでどのような生活をしてきたのか、といった細かい点までが認定の対象となるからです。

できるだけ早い段階で相談いただくことで、どのような検査を行ったら良いのか、医師からの診断書に不備はないかなど、その時その時の状況に合わせてチェックすることができます。

症状にあった認定を受けるために、初診時から後遺症が残るかもしれないことを意識し、動くことが大切です。

分からないことがございましたら、小さなことでも遠慮なくご相談ください。
被害者の方のお気持ちに添い、親身にお話を聞かせていただきます。

 

世田谷区用賀の司法書士にお問い合わせ