交通事故における後遺症認定業務

無料相談受付中
03-6411-7103
お問い合わせ

交通事故における後遺症認定業務

当事務所では、交通事故における後遺症認定業務を行っております。

それでは、後遺症認定とは具体的にどのような業務なのでしょうか?
 

後遺症は正しい認定を受けることが大切です

交通事故の被害に遭ってしまい、後遺症が残ってしまった場合、その症状について後遺障害のどの等級があてはまるのかを認定してもらう必要があります。

ところが、この後遺障害の等級が、自身の症状と正しく合っていない場合、本来なら受け取ることのできる賠償金の額が大幅に下がってしまうというケースが多く見受けられます。

自分のケースでは自賠責保険の後遺障害のどこに該当するのか、どのように認定を受けたらよいのか、というのは個人では難しい問題です。
そのため、私どもでは適切な認定を受けられるようサポートをしております。
 

保険会社の言うことは正しい?

後遺症認定で多くご相談をいただく内容の中に、加害者側の保険会社に認定業務を任せた結果、不本意な等級認定をされてしまった、というものがあります。

また、保険会社は少しでも支払の額を減らすため、症状固定を勧められ、後遺症認定がされなかった、というケースも少なくありません。

交通事故で怪我をされてしまった場合、体の面が優れない中で、このような手続きを行わなければなりません。
そこで、保険会社とやりとりをすることになり、プロが言っているのだからと任せてしまう被害者の方が増えてしまうのです。

やりとりをしているのは加害者側の保険会社です。
確かにプロではありますが、少しでも加害者の負担を抑えるため、そして自分たちの支出を減らすための交渉が行わる可能性があるということを忘れないでください。
 

後遺症認定で弊所での仕事とは?

後遺症認定の基準について、詳しく知っている専門家として、少しでも被害者の方が安心して事故後の生活を送れるよう尽力しております。

司法書士・行政書士として、自賠責保険被害者請求による後遺症認定にかかわる手続きを被害者の方に代わって行うことができますから、安心して治療や療養に専念することができます。

140万円以上の訴訟や示談の交渉となった場合には弁護士の仕事となりますが、適正な等級認定をまずは受けたい、弁護士事務所は敷居が高そうで相談しづらい、このような場合には、お気軽にご相談ください。

 

世田谷区用賀の司法書士にお問い合わせ