遺言信託のご相談は世田谷区用賀の司法書士クラフトライフ

無料相談受付中
03-6411-7103
お問い合わせ

遺言信託の変更

遺言信託とは

遺言信託とは、金融機関でいうところの意味と、専門家が言うところでの法的な意味とで二つの意味がございます。前者は、遺言書の作成・保管・執行をセットでお任せ頂く、大手銀行によるサービス名称で、後者は、信託法に基づく、遺言による信託行為を指します。

遺言書の作成、保管、執行の支援は、弊所を含む一部司法書士等の専門家も行っているものですが、これに商品名をつけたものが、金融機関の言う遺言信託になります。

遺言書は、作成して終わりではなく、その内容が実現されてこそ意味があるものですので、遺言書の作成依頼だけでなく、その保管と執行手続きを任せる事には意義がございます。

信託銀行等で遺言信託をされている方へ

信託銀行等で、遺言信託をされている方で、次のようなご不安をお持ちの方はいらっしゃいませんか。

  • 料金が高い
  • 担当者がころころ変わって不安

信託銀行等から、遺言信託の切り替えをしませんか?

遺言信託の最低費用額(契約時支払額と、相続発生後支払額の合算額)

費用総額(税込み・契約時費用+執行費用+司法書士手数料)
A銀行1,404,000円+200,000円
(Aプラン、Bプラン同額)
B銀行Aプラン:1,620,000円+200,000円
Bプラン:1,836,000円+200,000円
C銀行Aプラン:1,836,000円+200,000円
Bプラン:1,944,000円+200,000円
弊所648,000円 or 756,000円
  • 執行対象財産に不動産がない場合等、信託銀行等でも、司法書士手数料が掛からない場合がございます。
  • 司法書士手数料は、信託銀行等の提携先事務所により異なります。上記は、便宜、一律20万円としています。
  • 信託銀行等の場合、上記料金の他に年間保管料が掛かります。
  • 2019年4月14日時点での費用です。

弊所に切り替えるだけで、大幅に費用を抑える事が出来ます

信託銀行等から司法書士事務所クラフトライフへ遺言信託を変更した場合の費用削減イメージ

遺言信託の執行費用が最低額であるケースで、弊所に遺言信託を切り替えると、大幅に費用を抑えられます。また、信頼していた担当者が変わって不安といった事が生じません。

お手続きの流れと費用


信託銀行等からの遺言信託切り替えサービス流れ

遺言信託の切り替えは、新たな遺言書作成と、弊所での遺言執行予諾契約、信託銀行等での解約手続きが必要となります。以下の点にご留意下さい。

  • 変更後の遺言書は、公正証書で行って頂きます。
  • 公証役場での遺言書変更手数料が掛かります。
  • 信託銀行等で、解約手数料が掛かる事がございます。

まずは、無料相談で、削減額を確認!

世田谷区,用賀,司法書士,遺言信託,相談

お気軽にご相談下さい!