症状固定や治療を打ち切ると言われた方へ

無料相談受付中
03-6411-7103
お問い合わせ

症状固定や治療を打ち切ると言われた方へ

交通事故によるケガで入院や通院を続けていたものの、保険会社から症状固定の状態だから治療を打ち切ると言われる場合があります。
症状固定とは治療を行ってきたものの、痛みなどが残ってしまった状態を指します。

それではなぜ、保険会社は治療の打ち切りを通告するのでしょうか。
実は、加害者側の保険会社は症状固定となった時までの治療費を支払う必要があるからです。

休業損害や慰謝料についても、症状固定が行われた日まで対象となります。
従って早期に症状固定となれば、支払う金額が少なくなります。

ですから、一日も早く症状固定となるよう、そろそろ終わりですよという連絡がやってくるのです。

それでは、保険会社からこのような連絡を受けた場合はどうしたら良いのでしょうか。
 

大切なのは主治医の判断

保険会社から治療の打ち切りを宣言され、治療の効果が感じられているにもかかわらず、何も知らずしぶしぶ従ってしまう方がいらっしゃいます。
このような場合には、保険会社の言葉に従う必要はありません。

実は、保険会社には症状固定日を決めたり、治療を打ち切ったりという権限はないのです。
実際に判断は担当の医師が行います。

ですから、今の状態を医師としっかり話し合い、まだ症状固定ではないとの判断をもらえば、治療を打ち切る必要はありません。
医師の診断を保険会社へ伝え、完治を目指して通院を続けましょう。
 

保険会社から一方的に治療を打ち切られた場合

医師が今の状態はまだ症状固定ではないと診断しているにもかかわらず、保険会社側から一方的に治療を打ち切られる場合があります。

この場合でも諦める必要はありません。
医師から通院が必要だと言われているのですから、その場では自費診療となってしまいますが通院を続けましょう。

保険会社の言いなりになり後遺症が残ってしまった、あとからそんな大事となってしまう場合も実際にあるのです。

打ち切りから症状固定までの間の治療費は、後から保険会社へと請求することができます。
保険会社が支払いを拒否した場合には訴訟となる場合もありますので、現在治療打ち切りの問題でお悩みの場合にはご相談ください。

ケガの度合いや事故の内容はお一人お一人まったく異なります。
多くの症例を見てきた私ども専門家が、ご依頼者様のケースに沿ったアドバイスをいたします。

 

世田谷区用賀の司法書士にお問い合わせ