滞納家賃等に関する法律と手続き解説

滞納家賃等に関する法律と手続き解説 : 遺言・相続、成年後見に専門特化した司法書士事務所です。 遺言や相続、老後の生活で不安をお持ちの方、世田谷区用賀の「司法書士事務所クラフトライフ」へお任せください。

滞納家賃等に関する法律と手続き解説

賃料(家賃)の回収方法について

賃料(家賃)の回収方法についての画像
賃料(家賃)の回収方法 滞納家賃の回収方法は以下に記載しました通り、いくつかございます。 内容証明郵便 支払い請求を内容証明郵便で行います。 手順のはじめとして、内容証明郵便を利用し支払の催促をする事が基本です。 内容証明郵便を利用することによって、いつ、誰が、誰に、どのような内容で、手紙を送ったのかを郵便局が証明してくれます。 そのため、届いていない、督促はきていない、といった、言った言わないの争いを防ぐことができます。 作成者として...

賃貸借契約におけるよくあるトラブル

賃貸借契約におけるよくあるトラブルの画像
賃貸借契約における様々な問題の中で、特に多い事例とは何でしょうか? よくあるトラブルについてまとめました。 高齢者トラブル 高齢者の方との賃貸契約は、思わぬトラブルを引き起こす場合が多々あります。 契約書の内容を理解しておらず、規約違反が行われる可能性や、入居時には元気な高齢者であっても、いつ病気や認知症などを引き起こすかは分かりません。 また、高齢者の方は足腰の弱い方が多く、出かけることができないため、現金での家賃納付を求められたり、...

家賃滞納者への対応について

家賃滞納者への対応についての画像
家賃の滞納が実際に起きてしまった場合、貸主側は家賃滞納者に対して、まずどのような対応を行うのが良いのでしょうか? その方法は様々ありますが、人間相手の行動となりますので、必ずこうすれば良いというマニュアルはありません。 家賃滞納者の性格や職業などを考えながら、上手に対応していく必要があります。 家賃の入金が指定された日に確認できない場合 この場合には、まず借主へと連絡を取り、入金の確認が出来ていないことを伝える必要があります。 電話や直...

建物明渡請求業務について

建物明渡請求業務についての画像
建物明渡請求業務とは 建物明渡し請求業務とは、不動産の所有者が、契約違反等をしているにも関わらず、退去してくれない賃借人に対し、司法書士が関与し、退去を実現するための業務です。 しばしば、家賃を滞納し、いくら催促しても支払わず、退去もしてくれないため、賃借人の許可なく住居に入り荷物を出したり、鍵を換えてしまう等の話を耳にしますが、このような事は、許されませんのでご注意下さい。 さて、建物明渡請求というと、弁護士の仕事であり、司法書士に可能...

建物明渡し請求の流れ

建物明渡し請求の流れの画像
こちらでは、建物明渡し請求のお手続きの流れをご説明いたします。 建物明渡し請求のお手続きにつきましては、事案により異なるお手続きを踏む事がございますので、以下のお手続きの流れは、家賃滞納による建物明渡し請求手続きの、一般的な例と捉えて頂ければと思います。 賃貸借契約の解除 賃借人が、家賃の支払いを滞納している場合、滞納家賃の支払いを請求する旨、指定した期日までに延滞している家賃の利息を含めた金員を支払わない場合は、賃貸物件の賃貸借契約を解除...

建物の明渡し請求を検討すべきタイミング

建物の明渡し請求を検討すべきタイミングの画像
現在賃料の滞納などが起きているような場合、いつ建物の明け渡し請求を行えばよいのか分からないといった悩みをお抱えの方もいらっしゃる事と思います。 明渡し請求の検討はお早めに 家賃の滞納のケースでは、相手から来月払います、もう少しだけ待ってください、などと言われ、そのままずるずると期間が延びてしまったという事例が多くあります。 一般的に、家賃を滞納されている方は資力に乏しい事が多いでしょう。そのため、賃料の滞納が増えれば増えるほど、回収が困難に...

家賃滞納者への対応について

家賃滞納者への対応についての画像
家賃の滞納が実際に起きてしまった場合、貸主側は家賃滞納者に対して、まずどのような対応を行うのが良いのでしょうか? その方法は様々ありますが、人間相手の行動となりますので、必ずこうすれば良いというマニュアルはありません。 家賃滞納者の性格や職業などを考えながら、上手に対応していく必要があります。 家賃の入金が指定された日に確認できない場合 この場合には、まず借主へと連絡を取り、入金の確認が出来ていないことを伝える必要があります。 電話や直...

家賃回収・建物明渡しの事例

家賃回収・建物明渡しの事例の画像
こちらでは、建物明渡し請求、地代、賃料の回収事例をご紹介いたします。 家賃の回収や建物明渡し請求をお考えの方は、このような例を参考に、現在の状況をご相談いただければと思います。 少額訴訟で家賃回収 少額の家賃滞納(60万円以内)であれば、少額訴訟による回収が有効です。 原則として、少額訴訟では裁判を行ったその日に判決を受けることができるため、スピーディーな問題解決を図ることができます。 家賃回収問題ではなによりも始めのスピードが重要とな...