認知症の症状や発症確率等、認知症の基礎知識のご案内

無料相談受付中
03-6411-7103
お問い合わせ

認知症とは?自分はならない?

認知症について考えてみませんか?

老老介護、有料老人ホーム等介護施設職員による不祥事、家族介護に端を発する悲しい事件等々。高齢化社会におけるネガティブなニュースに事欠かない昨今ですが、皆様は、ご自身の介護、中でも認知症について何らかの備えをされていますでしょうか。認知症といっても症状は様々で、日常生活にさほど影響のない段階から、ご自宅の場所も分からない状態、近しい人への強い被害妄想、攻撃的行動等多岐に渡ります。

認知症になるか。どんな症状が出るか。それは分からない。

どのような症状が生じるのかは、なってみないと分かりませんし、そもそもご自身やご両親が認知症になるのかも分かりません。ただ、①認知症というものが、とても身近なもので、他人事ではない事②症状によっては、家族で面倒を看ていく事は極めて過酷である事の二点は、知っておく必要がございます。「自分は認知症にはならない」、「家族がいるから大丈夫」等といった考え方は、ご自身にとっても、ご家族にとっても、とても危ういものです。抵抗のある方も多くいらっしゃる事柄ではございますが、認知症に伴う問題を知り、備えについて考えておく事が、「家族を護り、活き活き生きる」ためには大切です。

そもそも認知症とは

そもそも、認知症とはどのようなものなのでしょうか。認知症とは、要因は様々ですが、脳の働きの低下により、日常生活に支障をきたす病状を総称して、認知症としています。

もの忘れとは違う

⽼化による「もの忘れ」と認知症には違いがあります。⼈の名前が思い出せなくなる等、歳を重ねるにつれて、⽼化による「もの忘れ」は起こります。しかし、認知症は⽼化による「もの忘れ」とは異なります。⽼化 による「もの忘れ」は物事の⼀部を忘れていますが、ヒントがあれば思い出せま す。それに対して認知症は、物事の全体がすっぽり抜け、ヒントがあっても思い 出すことができません。

老化によるもの忘れと認知症の違い

老化によるもの忘れ認知症
原因老化による自然な変化脳の神経細胞の病的な変化
もの忘れ体験したことの一部を忘れる
(ヒントがあれば思い出せる)
体験した事を丸ごと忘れる
(ヒントがあっても思い出せない)
判断能力低下しない低下する
自覚忘れたことを自覚している忘れたことの自覚がない
日常生活支障はない支障をきたす
進行あまり進行しない少しずつ進行する

認知症になるとどんな症状が出る?

認知症の症状は、記憶障害など認知症の人に必ずみられる「中核症状」と、そこに環境要因や個人の性格などが加わる「周辺症状」があります。

認知症の症状

自分は認知症にならない??

65歳以上の⾼齢者で認知症になる⼈は、2030年には830万⼈、2060年には1,154万⼈に 年々増加すると⾔われています。

認知症患者数の将来推計

軽度認知障害(MCI)は認知症予備軍

健康な方と認知症の中間には、軽度認知障害( MCI)という「認知症予備軍」 といえる状態があることがわかってきました。 軽度認知障害( MCI)は認知機能に軽度の障害がある状態で、病気ではありません。⼀⾔でいえば「忘れっぽいけれど、日常生活での判断は比較的しっかりしている人」です。平成24年の6 5歳以上の認知症⾼齢者は462万⼈、 軽度認知障害( MCI) の人は約400万人いると推定されています。

認知症高齢者の現状

歳を重ねるほど、認知症有病率は大幅に増加

この図のように、⾼齢者になると認知症の頻度はぐんぐん上昇します。65 歳から74歳までの有症率が10%未満であるのに対して、80歳からは⼀気に20%を超えています。⽇本では、65歳以上⾼齢者の約15%に認知症があると報告されています。 既に全国で約462万⼈(2012年)の⽅が認知症と推計されます。

認知症有病率がそのまま、認知症になる確率とまでは言えないかもしれませんが、以上の統計から、認知症は、他人事ではないとても身近な症状と言えます。

まとめ

①認知症の症状は様々であり、どんな症状が出るかはなってみないと分からない!

②認知症はとても身近な症状。長く生きれば、症状の重さに差はあれど、認知症になるものと考える!

お気軽にご相談下さい

世田谷区,用賀,司法書士,無料相談,認知症

初回ご相談は無料です。